日記

店舗の内装についてもっと真剣に考えよう

店舗の内装についてもっと真剣に考えよう

(公開: 2014年8月11日 (月)

店舗の外観についてはいろいろと考えると思います。また、サービスメニューに関してもいろいろと考えるでしょう。しかし、店舗の内装に関して軽視しているお店が案外多いように思います。店舗の内装はこられたお客様が過ごす空間です。お客様に安心感を与えたいのか、それともくつろぎを与えたいのか、ワクワク感を与えたいのか、どういった物を与えたいかによって内装を考えていくことが大切です。

 

店舗 内装について一緒に考えよう

 

しかし、業者も言われたことをするだけというケースも少なくありません。相談できないということですね。一緒に考えてくれる業者を見つけると、最高の内装が完成するかもしれません。小規模な業者の方が多いかもしれませんね、相談できるところは。


自主性を求められる時 7gb

自主性を求められる時 7gb

(公開: 2014年8月10日 (日)

高校の頃に、部活動をしていたのですが

中学の時と比べると

自主性が高まったのか

自由な方針のもとで活動していました。

部活以外でも

金銭をもってきても良いとう校則で

購買で買い物などしたり

自動販売機でジュースを買ったり、

中学の頃にはできなかったことが

当たり前のようにできるようになっていました。

ただ、自主性を求められるということは

個々の人間が自分で考えて行動するということだと

思い、それはそれで簡単なことではないと感じました。

言われたことをやるだけでは

ダメだと言うことを意識させられるし

責任も自分にかかってくるということも

なんだか難しいことだなと感じました。

そういう経験はそれからの生活に重要で

スルーできないものだと感じました。

7gb制限 どれくらい?


ふわとろオムライス

ふわとろオムライス

(公開: 2014年8月 7日 (木)

今日のお昼は子供のお友達が一緒だったので、

 

簡単にオムライスとスープにしました。

 

冷蔵庫の残り野菜を使い切れたのでちょうど良かったです。

 

やっぱりオムライスはフンワリトロトロの卵がいいですよね!

 

我が家の子供達はそれにケチャップをかけて食べますが、

 

お友達の一人がソースをかけていたのでちょっとビックリしていました。

 

みんなで食べながらテレビを見ていたらフラッシュモブの特集をしていました。

images (4).jpg

参照:http://goo.gl/WYl2k4

 

 

気になって色々調べてみたら面白いサイトを見つけましたよ!

結婚式余興サプライズ

 


アプリってシフト管理までできるんですね!

アプリってシフト管理までできるんですね!

(公開: 2014年8月 6日 (水)

アプリって今はほとんどの人の必需品になっていませんか?何か困ったことがあると、とりあえず携帯を取り出して、アプリで対処できないか調べますよね。それくらいアプリに頼っている人が多くなっているのです。そして、アプリもどんどん進化していて、そして役立つものが増えています。ナースのシフト管理のアプリなんかもあるんですよ。

 

ナースのシフト管理アプリ シフトナ

 

シフトナって言うらしいですね。シフトナースの略でしょうか。このアプリを利用すると、簡単にカースのシフト管理ができるんですよ。看護師の場合、シフト管理がなぜ必要かというと、プライベートを充実させるためです。仕事がいつ入っているかなんてことは、そんなに困ることはありません。どちらかというと、自分がいつ暇かということですね。


オーダーカーテン東京で検索してみると

オーダーカーテン東京で検索してみると

(公開: 2014年8月 5日 (火)

オーダーカーテン東京、というキーワードでインターネットで検索してみると、多くのお店がありますよね。オーダーカーテンのお店が多いということです。でも、やはりトップページにあるお店が信頼性が高いですよね。その中でもトップ3に入っているサイトをまずは確認してみると思います。

 

オーダーカーテン東京

 

もちろん、その中で選択するのも1つですが、やはりオーダーカーテンの場合は特にサイトの印象やショールームの有無等、信頼性を重要視する方が確かですね。オーダーカーテンとなると、普通のカーテンと比べて、やり取りも増えますので、それだけ話しやすいということも大切です。となると、やはりショールームに行ってみることが一番ですね。もちろん、検索して1位のサイトで決まりかもしれませんが。


保育士の先生は子供が好きなんでしょうね

保育士の先生は子供が好きなんでしょうね

(公開: 2014年7月25日 (金)

保育士の先生は子供が好きなんだろうなって、つくづく感じるんです。月に2回だけですが、保育園に3歳の娘を預けています。
仕事の都合で、月に2回は、預かってもらえる家族がおらず、保育園にお世話になっているんです。
毎日行くわけではないのですが、だからこそ、見えてくる保育士の姿が有るように思います。
月に2回こんなにたまにしか行かない親子なのですが、子供の名前はもちろんの事、私の顔もしっかり覚えていらっしゃり、迎えに行くと「○○ちゃ~ん、ママが来たよ~」と、遠くで遊ぶ娘を呼んでくれます。