保育士の先生は子供が好きなんでしょうね

保育士の先生は子供が好きなんだろうなって、つくづく感じるんです。月に2回だけですが、保育園に3歳の娘を預けています。
仕事の都合で、月に2回は、預かってもらえる家族がおらず、保育園にお世話になっているんです。
毎日行くわけではないのですが、だからこそ、見えてくる保育士の姿が有るように思います。
月に2回こんなにたまにしか行かない親子なのですが、子供の名前はもちろんの事、私の顔もしっかり覚えていらっしゃり、迎えに行くと「○○ちゃ~ん、ママが来たよ~」と、遠くで遊ぶ娘を呼んでくれます。

こんな事にも「すごいな~」と、感心する私ですが。
朝、起きてから機嫌が悪く、保育園に行く事を拒んでいる娘しかし、行かねばならないので、無理やり泣き叫んでいる娘を連れていきました。
泣きやまない娘を、無理やり預け、保育士の先生に託し、うしろ髪を引かれながらもその場を離れた私。

仕事中もずっと、ずっと気になっていた私に比べ、娘はケロっと。
迎えに行くと、先生が「あの後、すぐに泣きやんで、遊んでましたよ~」と。
これも、先生マジック。
保育士が歌う歌は、一日で覚え、口づさんでいる。
保育士の先生が話している内容は、理解して、やってみようとしている。
私は、以前子供が苦手でした。
我が子ができて、まだ、他の子もあやせるようにはなりましたが、泣き叫ぶ子供、鼻水を出している子供、わがまま放題の子供、騒がしいだけの子供やはりこんな子達は、苦手。
でも、他人の子でも、どんな子でも平等に付き合う事ができる保育士と言う仕事。

本当に尊敬致します。
これからもお世話になる保育士の先生方、たまには発散したい事もあるかも知れませんが、子供が大好きな、素敵な先生でいて下さい。

保育士 求人 正社員